CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
カテゴリー
たび猫シリーズ
月別まとめ
他の人の旅行記(書籍)
世界のビール
MOBILE
qrcode
元気の出る本
スピリチュアル
世界の神話
育児
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
恋するサウジ(アラビア最近生活事情)
サウジアラビアっていう国、興味はあるけど考えてみたらほとんど知らない。イスラム教と石油のイメージくらい。でも中近東の国々にエキゾチックさを感じ、興味を持っている私は、この本「恋するサウジ」を店頭で見かけ思わず手にとってしまった。ちょっとサウジアラビアについて勉強してみようと。

これは1988年から1992年にかけて、夫の駐在に伴いサウジアラビアに滞在したことのある著者が、その時の体験と最近のサウジアラビア情報を楽しくつづった本だ。知っているようで知らないサウジアラビアのこと、それにイスラム教のことがちょっと垣間見えてくる内容であった。

そしてサウジアラビアのイメージとイスラム教のイメージがいい意味で裏切られたという感じ。中近東というと、治安の面とか文化の違いとかでついつい旅行も敬遠しがちになってしまうが、この本を読み、ぜひともサウジアラビアに行ってみたくなった。どうやら治安もよく、盛りだくさんの観光も楽しめるらしいのだ。もしかしたら子連れで行っても楽しいのではないかと思えるくらいであった。

それにイスラム教。私たち日本人からすると、イスラム教の女性は制約も多く虐げられているのではないかという印象をもってしまいがちだが、イスラム教ができた地域的・文化的背景からすると、どうやら一概にそうとは言えないらしいということがわかる。しかも見方によっては女性のほうがおいしい立場にあるのではないかと思えてくるほどでもあった。やはり何事も一面から見て、判断してはいけないなって思った。

それと意外にも日本人とサウジアラビア人は共通する感覚も多いらしく、もしかしたら欧米に旅行するよりも楽しめるかもしれないと思えるほどであった。サウジアラビアに興味がある人にはお勧めの本かもしれない。
| 郡司みさおさんの本 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |